自分が担当したスポーツ施設を利用される方々の
楽しそうな姿を見ると、誇らしい気持ちになります!

【技術職】2016年11月7日入社
宮崎譲次 / ニックネーム:ジョージ

今している仕事はどんなことですか?

私の担当している仕事の内容は、様々なスポーツ施設の新設工事や改修工事などの施工管理です。具体的には現場内での無事故・無災害のための安全管理を最重点業務に、施主の要求事項に応える品質管理、材料の手配や下請業者間の作業調整といった工程管理、そして工事の利益を確保するための予算管理や工事進捗管理といった原価管理です。これらを中心として、施工計画書の作成や工事写真管理、測量・図面作成業務、さらには営業や施主との打合せなどもあります。

仕事のやりがいは何ですか?

現場が完成し、そして施主検査まで無事に終了したときは、やはりかなりの安堵感と大きな達成感を感じます。これが一番の魅力だと思います。

また、現場施工中には自分の考えた作業工程で出来映えを確保しながら日々現場が施工作品として出来上がっていくのが実感できるので、やりがいを感じることができます。

そして、例えばスポーツ施設でしたら、供用開始後に利用されている方達が楽しそうにスポーツを行っている姿を見ると、自分がその現場の施工に携わっていたことに誇らしい気持ちを感じることもできます。

我々はモノづくりの仕事ですが、それぞれの現場では一緒に仕事をする仲間たち(協力業者)も変わるので、現場が変わるごとに新鮮な気持ちになれることも魅力の一つだと思います。

仕事の魅力は何ですか?

私はジョーキーボールというスポーツの公式審判員の資格も持っていますが、社内ではジョーキーボールクラブの部長も任命されています。ジョーキーボールを通じて世界のプレイヤー達とも触れ合うことができるのも魅力ですね。